葬儀費用は突然発生する出費なので、事前に用意しておくという事が難しいですよね。
そのため、葬儀費用が捻出できないといったことも起きやすいのです。
どんなに葬儀費用を安く抑えようと思っても、葬儀を行うとなると1万円や2万円で済むということはありません。
「香典でなんとかなる」
と楽観的に考えている方もいるかもしれませんが、必ずしもそううまくいくとは限りませんからね。

葬儀

葬儀費用の支払い

葬儀費用は多くの葬儀社が葬儀を行った後に支払うことができます。
ですから、香典を葬儀費用に充てるということは可能なのです。
ただし、お寺の方に支払うお布施に関しては葬儀前にお渡しすることもありますので注意が必要です。

葬儀費用の支払い方法

基本的には現金一括払いです。
葬儀を行った後1週間以内くらいに支払うこととなります。
ただし、最近は葬儀費用をクレジットカードで支払うことが可能な葬儀社もあります。
クレジットカードで葬儀費用を支払う事ができれば、まとまった現金がなくても分割にしたりリボ払いにしたりすることができて助かりますね。

このほか、葬儀ローンといって葬儀費用を分割で支払うことが可能なサービスもあります。
クレジットカードを持っていない場合など、この葬儀ローンを利用することで分割支払いが可能となります。
ただし、クレジットカード払いでも葬儀ローンでも分割支払いにすると金利がかかるので、支払い総額が多くなってしまうことは覚えておきましょう。

葬儀費用の補助金とは

亡くなった方が生前加入していた健康保険の種類によっては、亡くなってから申請をすると葬儀費用として5万円前後の給付金を受け取ることが可能です。
葬儀のタイミングではばたばたしていると思いますので、葬儀が終わってからでも加入保険の運営元へ問い合わせてみるとよいでしょう。

葬儀費用を抑えるには

葬儀費用を抑える為の方法として、一般の葬儀社へ依頼するのではなく市や区などの自治体で行っている葬儀を利用する形があります。
公営の施設を使って葬儀を行えば、葬儀費用を抑える事が可能です。

お葬式の安いところはここ

小規模な葬儀にする

葬儀は一般的な規模のものから、家族葬や火葬だけの火葬式など規模を小さくしてその分費用を抑えられるプランがあります。
葬儀費用がないのなら無理して大きな規模の葬儀を執り行わなくてもいいかもしれません。